【第二弾】【dely・堀江裕介氏リクエスト】次世代食品カオスマップ

【第二弾】【dely・堀江裕介氏リクエスト】次世代食品カオスマップ


By datavase team | 2019/10/2 08:10:34

大豆やエンドウ豆を活用して本物の肉そっくりの商品を提供している米国のBeyond Meatや、大豆由来の発酵酵母から作られた「ヘム」と 呼ばれる原料から代替肉を開発しているImpossible Foodsなど、植物を用いて本物同様の肉を開発する代替肉関連企業の躍進がメディアを賑わせている。

そこで、本レポートでは下記に掲載されているカオスマップから「植物×◯◯」の領域に焦点を当てて、注目企業の概要や開発商品について説明していく。


本レポートに記載のカオスマップは、dely株式会社CEO・堀江裕介氏のリクエストで、Food Tech領域の中でも「次世代食品領域」に的を絞りカオスマップを作成しています。

なお、本調査は第二弾となります。


第一弾はこちら


第一弾 レポート概要
✔︎カオスマップ
✔︎カオスマップ・昆虫×◯◯概要
✔︎選出企業概要(ダウンロード形式)


第二弾レポート概要

✔︎カオスマップ
✔︎カオスマップ・植物×◯◯概要
✔︎選出企業概要(ダウンロード形式)


x

植物×食物

食物生産における植物群の多くは肉の代替品だ。 食用肉の問題を解決するためのソリューションとして、植物性の肉を作るか、細胞培養で肉を作り上げるかの2種類が現代の主流となっている。特に植物ベースの肉はベジタリアンや宗教的理由で特定の肉を食べることができない人からも注目されている。
例えばThe Vurger coは、植物由来の肉を使ったファーストフードを開発している企業であるが、「100% VEGAN FAST FOOD」であることを売りにしている。 また、肉の他にもNewswavewのシーフード、Ripple Foodsのミルクなど、殺傷をしない、牛を育てる環境的リスクの高さ、といった観点からも植物ベースの食品が開発されている。

植物×飲料

同領域で最もみられるのは「飲むだけで必要な栄養素が取れる」完全食のような飲料だ。AmbroniteSOYLENTなどが挙げられる。また、これの亜種としてカフェインの代替品を含んだ植物由来の飲料Wake Up!といった製品も開発が進んでいる。

植物×粉末

Blue Prairieはチコリの根を粉末にしたものを販売している。チコリ(チコリーとも呼ばれる)は、ヨーロッパ原産の野菜で、少し苦味があることが特徴だ。



全企業リストはこちらから閲覧・DL可能です。

ここからの記事は下記プランのユーザーがお読みいただけます。
ProStudentEnterprise
ClickHereToUpgrade